インプラント
医学用語で『植立する』がインプラントの定義となります。インプラントでは、口腔内の骨に人工の歯根を作り、その上に新しい歯を作ります。入れ歯のように歯茎に義歯を乗せるだけの方法と異なり、使わない顎骨が痩せるという心配もありません。インプラントを装着した後は、痛みや違和感を伴わずに、歯本来の機能を保つことができます。
当医院は、インプラント外来を設けインプラント治療に積極的に取り組んでいます。

インプラント治療の流れ

1.初診
インプラント治療についてのご説明をいたします。
2.診査・診断
病歴や健康状態の問診、お口の状態の診査、レントゲン撮影や歯型の採取を行ないます。
難症例の場合はCT撮影を行います。
インプラント治療はだれでも可能なわけではありません。厳正な診査のもとで適応できると診断された方に対してのみ適応いたします。診査の結果を踏まえて治療の方針を決定し、ご説明いたします。
インプラント治療の流れイメージ図1
安心してインプラントの治療を行うために
イメージ図1・インプラント治療をお考えの方に
インプラント(人工歯根)治療を適切に行うためには、顎の骨の状態を詳しく調べることが重要です。そこで、難症状の場合は治療前に近医院でCT撮影を行うようお願いしています。病院でCT撮影を行い、当医院で、最先端のコンピューターシステム(iCAT)を使用して、顎の骨の状態を見ながら治療計画を立てます。これが、より安全で無理のない治療を進めるための最新の方法です。
イメージ図2・なぜCT撮影が必要なのでしょう?
歯医者さんでよく行うX線撮影は、歯の様子を見たり虫歯の治療をするのにはとても役に立ちます。一方、インプラント治療においては、顎の骨の硬さや形を調べることが重要になります。顎の骨の状態は、骨の硬さや形、神経の位置など一人一人異なります。CTで撮影した画像からは、顎の骨の形や硬さがわかるだけでなく、顎の病気や神経の位置なども調べることができます。
3.手術

インプラント手術の流れは以下のようになっています。

インプラント手術の流れは以下のようになっています。
1.インプラントを顎の骨に植えるために、歯ぐきを開きインプラントと同じ大きさの穴を骨に形成します。
2.骨の穴にインプラントをねじ込み、しっかり固定ます。そして歯ぐきを閉じます。
3.インプラントに力をかけずに、治癒を待ちます。数ヶ月で骨とチタンがしっかりと結合します。
4.インプラントが骨と結合したら、人工歯を取りつけるための部品を連結し、歯ぐきから露出させます。これで歯ぐきの形を整えます。
5.お口のなかの型をとり、あなたにあった仮の歯を制作します。仮の歯でかみ合わせを調整し、歯ぐきの治癒を待ちます。
6.天然の歯と見分けのつかない人工歯をインプラントに装着し、お手入れの仕方などを練習します。
4.メンテナンス イメージ図
歯磨きが十分にできずインプラントの周りに歯垢がついた状態にしていると天然歯と同様、歯周病になり、インプラントの周りの骨がやせてしまってグラグラ動いてしまいます。インプラントを長持ちさせるためには、毎日しっかりと歯磨きし、必ず定期検診を受けていただくことが重要です。
治療方針
>治療方針はコチラ
>治療の流れはコチラ
>ポリシーはコチラ
施設紹介
当医院で導入しております歯科設備機器の紹介です。
>施設紹介はコチラ
院長プロフィール
まずは当医院にお越し下さい。他医院との違いを感じていただけるはずです。
>院長プロフィールはコチラ
>近年の活動内容はコチラ
>論文又は著書
>医院が紹介された書籍および雑誌
>院長のこだわりはコチラ
スタッフ紹介
当医院でのスタッフの紹介です。
>スタッフ紹介はコチラ
お悩み解決
今、何にお困りですか?あなたのお悩み、不安を当医院が解りやすくお答えします!
>Q&A
>各治療の違い
>お問合せ
無料相談
スタッフみんなで患者様に愛される理想の歯科医院をイメージして、一人ひとりが実現していくような歯科医院です。
私たちとご一緒に実現しましょう!
>求人情報はコチラ
無料相談 ■大川歯科医院
〒658-0072
神戸市東灘区岡本4-6-1
tel:078-452-3910
>アクセス
■お車でお越しの方へ
医院敷地内に、お客様用駐車場3台ございます。
満車時は、近隣コインパーキングでの料金サポートを行なっております。