歯周病治療
歯周病は、歯科の2大疾患の1つで成人の約80%が歯周病にかかっています。歯を守る事も大切ですが、歯を支える歯ぐきもとても大切です。 歯を支えている歯肉や顎の骨が、化膿したり破壊されたりする病気で、歯周病は限度を越えてひどくなるとどんなに一生懸命に治療しても手遅れになります。治療に早すぎるという事はありません。あまりひどくならないうちに完全に治療する事が重要です。
当医院は歯周病外来を設け、歯周病治療に積極的に取り組んでいます。

歯周病治療の流れ

1.検査
1.お口の汚れ具合のチェック(プラークコントロールのチェック)
歯周病菌が多く含まれているプラークがどのくらい歯と歯ぐきに残っているかを検査します。 ご自身のホームケアで、このプラークが付着している部分が全歯面の20%以下にならないと 歯周病が再発する可能性が高くなります。
2.歯周ポケットの検査、ポケットからの出血をチェック、レントゲン写真での吸収具合をチェック


模型でみると、こんな感じになります。歯槽骨がなくなっているところは歯周ブローブが深く入ります。


エックス線写真で見たところ、歯槽骨が破壊され、ポケットがだいぶ深くなってきます。


歯周ブローブでポケットの深さを調べます。


3.歯の動揺度のチェック
ピンセットなどを用いて歯のグラグラ度を調べます。
4.歯周病菌の検査(オプション)
歯周病の原因である歯周病菌(Aa菌、Pg菌など)の有無を調べます。
リアルタイムPCR
※お口の中の歯周病菌の総菌数や各菌の総菌比率がわかります。
>詳しくはコチラから
2.治療計画への理解と同意
検査の結果から、どのように治療していくか計画を立てます。
患者様に理解して頂き、同意を得て治療に入ります。
2.初期治療
1.歯磨き指導(プラークコントロール指導)
プラークコントロールの基本は患者様自身による毎日の歯磨きです。正しい歯磨きの方法を身につけられるように担当衛生士がご指導致します。
スケーラー2.本格的治療でポケット中の歯周病の原因を除去
歯磨きが上手になり歯ぐきの炎症がある程度治まったら、本格的な治療に入ります。
歯肉炎および軽度歯周炎の場合は専門のトレーニングを受けた衛生士がハンドスケーラーといった器具でポケット内のプラークや歯石、病気の部分を取り除きます。
中等度、重度、また、細菌の検査により病原性の強い歯周病菌が多い場合は抗菌療法(抗生剤の局所or全身投与)を併用して行います。
4.再検査
よくなったかどうか再検査
検査結果を元に再度治療計画を立てます。改善しておれば、被せ物や入れ歯、インプラントなどの修復処置に移行。その必要のない患者様はメインテナンスに入っていきます。 検査結果で治りきらない部分は歯周外科手術を行います。
◆治療の最終目標
・プラークコントロールスコア20%以下
・歯周ポケットが3mm以下
・ポケット検査時に出血がない
・歯肉の色がピンク
・歯の動揺の改善
以上の判定基準で歯周病が改善しているか、また十分にコントロールされているかを判断します。 その後、6ヶ月毎にこの判定基準で歯周病の状態の再検査を行います。
5.歯周外科手術 初期治療で治りきらなかったところは歯周外科手術で徹底的に治します。当医院は、専門のトレーニングを受けたドクターが治療の最終目標を達成できるように色々な手術のテクニックを用いて行います。
また、失われた歯周組織を再生させる治療法も行っております。詳しくは再生治療をご参照下さい。
6.メンテナンス
歯周病は再発しやすい病気。せっかく回復したお口の中を健康でずっと維持するためには担当衛生士による定期的なクリーニングと再検査が必要です。当医院はその方のお口の状況に合わせた予防メインテナンス・プログラムを作製致します。

抗菌療法

抗菌療法とは、お薬で歯周病を治すというこれまでの概念・治療法とは全く異なった新しい治療法で、歯周内科学とも呼ばれています。
現在、歯科の2大疾患である「虫歯」と「歯周病」は、感染症であるという結論になっています。
医科において一般的な感染症は風邪ですが、風邪であれば医師の指示に従ってきちんと薬を飲めばほとんどの場合、治ってしまいます。
しかし、歯周病治療といえば、昔から歯磨き指導や歯石を除去したりする歯のまわりのお掃除が、どの歯科医院でもされている基本的な治療です。
また、さらに積極的な治療となると外科的な処置が必要となり、術者の特別な技術が必要なことはもちろん、患者様への時間的、身体的な負担が大きくなります。それに、患者さんも歯磨きがうまくできるという厳しい条件下でないと、よい結果がうまれないのです。
しかし、この基本的な治療をしても、一生懸命歯磨きをしても、なかなか歯肉の炎症が取れず、歯肉の腫れや出血・口臭で悩まれ、歯周病で歯を失う方がおられることも事実です。それはなぜかというと、感染源が除去しきれてないからなのです。そこで、簡単に薬で感染源を除去し、歯周病を治療する方法が臨床応用されるようになり、それが抗菌療法なのです。
抗菌療法は、風邪のように単に広範囲に効く抗生物質を服用するというだけの治療ではなく、お口の中に約400種類存在する口腔常在菌の中から、歯周病菌検査(リアルタイムPCR法)にて原因菌を断定し、特定の菌に有効な抗生物質を服用し、歯周病菌を退治するという治療法です。
どんな条件下においても同じ方法で、簡単によい結果が生まれる方法として、多くの歯科医師が知恵を出し合った結果生まれたのが、抗菌療法なのです。
抗菌療法、および歯石除去を行うことにより歯肉の状態が改善しています。
また術後歯周病も検出されませんでした。

歯周外科手術

初期治療では改善されなかったところを外科的に取り除き、お口の中の環境を整える切除療法と、一度失われた組織を再生させ、以前では抜歯であったような歯を保存し機能を持たせる歯周組織再生療法とがあります。
歯周組織再生療法には、GTR法やエムドゲイン法があり、詳しくは再生治療をご参照下さい。
切除療法
ポケットを減少させる治療です。歯ぐきの位置が低くなり、従来より根が露出し歯が長くなります。
歯周組織再生療法
歯の周りに必要な組織を再生させて、機能するための支持構造を回復させます。
歯ぐきの位置が維持されます。
再生治療はコチラ

治療方針
>治療方針はコチラ
>治療の流れはコチラ
>ポリシーはコチラ
施設紹介
当医院で導入しております歯科設備機器の紹介です。
>施設紹介はコチラ
院長プロフィール
まずは当医院にお越し下さい。他医院との違いを感じていただけるはずです。
>院長プロフィールはコチラ
>近年の活動内容はコチラ
>論文又は著書
>医院が紹介された書籍および雑誌
>院長のこだわりはコチラ
スタッフ紹介
当医院でのスタッフの紹介です。
>スタッフ紹介はコチラ
お悩み解決
今、何にお困りですか?あなたのお悩み、不安を当医院が解りやすくお答えします!
>Q&A
>各治療の違い
>お問合せ
無料相談
スタッフみんなで患者様に愛される理想の歯科医院をイメージして、一人ひとりが実現していくような歯科医院です。
私たちとご一緒に実現しましょう!
>求人情報はコチラ
無料相談 ■大川歯科医院
〒658-0072
神戸市東灘区岡本4-6-1
tel:078-452-3910
>アクセス
■お車でお越しの方へ
医院敷地内に、お客様用駐車場3台ございます。
満車時は、近隣コインパーキングでの料金サポートを行なっております。